お問い合わせ
HOME
医院紹介
スタッフ紹介
院長コラム
治療内容
交通アクセス
診療予約
日本臨床矯正歯科医会
このサイトをご覧頂くには、
プレーヤーソフトウェア
が必要です。
マウスピース型矯正装置による治療
マウスピース型矯正装置とは、患者さん一人一人のためにオーダーメイドで作成される取り外しの可能な矯正装置です。透明なプラスチック製ですので、従来の治療のようにワイヤーとブレイスを使用しないため、装着していることがほとんどわかりません。

マウスピース型矯正装置は、CTスキャン技術により患者さんの歯形の印象から高精度の模型をコンピューター上に具現化して光造形技術により作成されます。
患者さんは、矯正歯科医の指導のもとに2週間ごとに交換することにより、治療目標の達成までご自身が主体的に矯正治療を受診されることになります。

この治療の最大の特徴は、治療を開始する前に、治療の開始から終了までを緻密に三次元コンピューター画像上にシミュレーションされていることにあります。
当医院では、患者さんご自身にも立体的な歯の移動の映像をご覧いただき、矯正歯科医とともに治療開始から完了までの治療計画の立案に可能な限り参画していただくようにしております。

また、患者さんは、三次元画像により、治療完了までのどの時点においても歯の移動状況を立体的なアニメーションとして確認できます。
マウスピース型矯正装置の特徴
・透明であるということ
透明であるため、日常生活で装着していてもほとんど分かりません。
そのため、「目立つ」という理由で、矯正治療を敬遠していた方々に最適で、矯正治療中であっても口元の見た目を気にせず笑顔を見せることができます。

・治療の進行状態を確認できる
三次元の動画にてご自身の歯の移動をご覧いただく事ができるため、治療の進行段階を常に確認することができます。

・取り外しが可能
取り外しが可能なため、歯ブラシで簡単に洗浄ができ、いつも綺麗に保つことができます。ブラッシングが容易でフロスの使用にも全く影響がないので、歯や歯周組織を健康に保ちやすいと考えられます。
また、固定式の矯正装置のような食事のたびに食べ物が装置にからみつくわずらわしさがなく、口の中を快適に保つことができます。

・金属でないということ
プラスチィック製のため、金属アレルギーを引き起こす心配がなく、重篤な金属アレルギーの方でも安心して矯正治療が可能です。

・不都合な点
1)紛失の可能性があります(作り直しを致しますが、治療期間にロスが生じます)。
2)外す時や装着する前には、水洗いや洗浄剤によって装置自体を常に清潔に保つ必要があります。

適用が妥当な場合

歯を抜かなくてもよい場合に向いています。歯を抜く必要がある場合でも、治療の最終段階等で固定式の装置を併用することによって治療が可能になります。

成長がほぼ終了し、親知らずを除く永久歯が萌出している患者さんに向いています。

適用の注意点
 マウスピース型矯正装置による治療は、取り外しができる装置のみで矯正治療を行うということです。このため、装着時間(一日20時間以上が目安になります)が不足すると、十分な歯の移動が行えないため、治療開始時にシミュレーションされた治療計画の通りに進みません。良好な治療結果を得るためには、食事やブラッシング時以外のマウスピース型矯正装置の装着を強い意志を持って行うことが必要となります。このため、当医院では、マウスピース型矯正装置のみで患者さんが満足される治療結果が得られない場合は、固定式装置での追加治療を行うことを治療開始時にお約束させていただいております。
 
 
 
INDEX | 医院紹介 | スタッフ紹介 | 院長コラム | 交通アクセス | お問い合わせ
治療内容【 歯科矯正治療について : 矯正力の考え方 : 口腔内清掃指導
〒270-1343千葉県印西市結縁寺525-3 TEL/FAX:0476-46-7100
Copyright 2005 Funao Kyosei Dental Clinic. All Rights Reserved.