お問い合わせ
HOME
医院紹介
スタッフ紹介
院長コラム
治療内容
交通アクセス
診療予約
日本臨床矯正歯科医会
このサイトをご覧頂くには、
プレーヤーソフトウェア
が必要です。
乱杭歯、八重歯、歯のでこぼこ、歯のねじれなどと表現される例です。
あごの大きさと歯の大きさのアンバランスがある場合には、必要に応じて歯を抜いて排列します。
乳歯が口の中にある時期で歯を抜きたくないという希望の方の例です。取り外しの可能な、あごの拡大を促進できる装置を一生懸命使用することにより、歯を抜かないで排列することができました。
あごの大きさと歯の大きさのバランスが悪い場合の変型であることが多く、上あごと下あごの前歯が前方に傾いている例です。口元の突出を気にされてましたので、舌の癖を指導した後に歯を抜いて排列しました。
口元の突出感を改善するため歯を抜いて排列しました。
上あごの奥歯を後方に移動する期間を設けることにより、歯を抜かないで、口元の突出感を減少させることもできます。
成長期の患者さんの場合は上あご自体を前方に牽引することにより、歯を抜かないでも排列することが可能です。
受け口でしかも上あごの大きさと歯の大きさのアンバランスが生じている場合には歯を抜いて排列することになります。
前後的な骨格の異常を伴い、個々の歯の移動だけでは改善できない方には、手術を併用して治療します。
上下のあごの真ん中の線(正中線)がずれている方で、個々の歯の移動だけであごの左右的なずれが改善できないような方は、手術を併用して治療します。
舌の癖や飲み込み時の舌の位置の異常などが原因で、奥歯が咬んでも前歯が咬んでいない状態です。成長期の患者さん(左の列)では取り外し可能な装置を用いて、永久歯の萌出している患者さん(右の列)では固定式の装置を用いて排列します。
 
 
INDEX | 医院紹介 | スタッフ紹介 | 院長コラム | 交通アクセス | お問い合わせ
治療内容【 歯科矯正治療について : 矯正力の考え方 : 口腔内清掃指導 : 当医院の治療例
〒270-1343千葉県印西市結縁寺525-3 TEL/FAX:0476-46-7100
Copyright 2005 Funao Kyosei Dental Clinic. All Rights Reserved.